肌の綺麗な女性

人気の医療脱毛の仕組みとは

医療機関やエステサロンでの脱毛施術を受ける人が増えています。

一昔前と異なり、施術できる場所も増え、気軽に利用できる料金プランを提供しているところも増えているからです。

医療脱毛とエステ脱毛の大きく異なる点は、使用機器です。

医療脱毛で主流となっているのはレーザーです。

これは医師が存在するもとでしか使用することができない機器です。

エステサロンで主流となっている光脱毛は、仕組みは似ていますがレーザーよりも威力が弱く、医師がいない場所でも使用ができる機器です。

レーザー脱毛の仕組みは、レーザーを照射することで、毛の生えるもととなる毛乳頭などを破壊するというものです。

次に毛が生えてきたとしても、細くて薄い毛になります。

毛が成長する成長期段階に照射すると効果が得られるため、1か月半か2か月おきに施術を繰り返します。

目に見えている毛は全体の3割程度といわれており、1回の施術で脱毛は完了しません。

医療脱毛は1年から1年半程度、回数にして6回~8回程度施術をすれば、産毛のような毛になり、満足のいく状態になるといわれています。

費用はエステサロンでの施術よりも高い傾向がありますが、レーザーの威力により施術期間が短いところがメリットです。

施術する部位によって痛みを感じる人もいますが、個人差があります。

痛みに弱い人には塗る麻酔薬が施される場合があります。

医療脱毛は医師が存在する場所で施術が行われるため、肌の診察や薬の処方なども相談できるので安心です。

医療脱毛のメリットとは

自己処理での脱毛よりも高い脱毛効果が、期待出来るとしてプロの施術を選ぶ人は増えています。そして最近プロの施術の中でも医療クリニックなどで...続きを読む