肌の綺麗な女性

医療脱毛には2種類あっていずれも安全性には気を使っています

医療脱毛には、電気針を使う電気脱毛と医療レーザー機器を使うレーザー脱毛の2つあります。

いずれの方法も原理的には同じで、毛の根本にある毛根付近の細胞に熱によってダメージを与え、毛の成長を止めるというものです。

電気針を使う方法では、一本いっぽんの毛に電気針を差し込んで、電気エネルギーによって針の先端を発熱させます。

この時、強い痛みを感じますが、多くは麻酔によって対処しています。

また、使う針は、安全性を考えて個人ごとに分けられています。

また、施術を行う都度、殺菌もきちんと行われていますので心配いりません。

レーザーを照射する方法は、毛の色の濃い部分にレーザーがあたった時に発熱することを利用しています。

この施術では、毛が長いと全ての部分で発熱しますので、安全性のため毛を剃ってからレーザー照射します。

また、医療レーザー機器は、高いエネルギーを出せますので、火傷をしないようにエネルギーを調節してから照射します。

また、針を使うものに比べて痛みは軽いのですが、レーザーのエネルギーが高いと痛みも増しますので、施術を受ける人ごとにきめ細かくレーザーのエネルギーを調節します。

ただ、いずれの方法でも発熱という現象を利用した施術ですから、常に火傷の心配はあります。

しかし、施術をする人は、医療資格の他に脱毛の資格も持っていますので、事故はほとんど起きないといわれています。

また、万が一軽いやけどを負ったとしても医療機関ですから適切な対処ができます。

医療レーザーを使った脱毛は病院などの施設のみで可能です

医療脱毛と言うのは医療レーザーや絶縁針を使った脱毛で、レーザー脱毛、電気針脱毛と言うのが医療脱毛になります。医療レーザーや絶縁針を使う...続きを読む